歴史的建造物
ホーム > 歴史的建造物 > 認定地域建造物資産
認定地域建造物資産

岩井橋

いわいはし

登録番号 第32号
認定年月日 平成23年10月17日
所在地 名古屋市中区大須一丁目、松原一丁目(左岸)  名古屋市中村区名駅南三丁目、中川区松重町(右岸)
年代 大正12年(1923)
構造 単純鋼アーチ橋
特徴

意匠設計は、京都市役所本館などを設計した武田五一と言われている。 大正期の鋼アーチ橋で、橋の四隅には船の荷揚げ用に親水階段が設けられ今も残っている。 平成19(2007)年に土木学会選奨土木遺産に認定された。

最寄駅

市バス「岩井通一丁目」、「水主町」、地下鉄「大須観音」

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

Copyright 2019 © nagoya rekimachi net All rights reserved.