歴史的建造物
ホーム > 歴史的建造物 > 認定地域建造物資産
認定地域建造物資産

安藤七宝店「七寶藏部」

あんどうしっぽうてん「しっぽうくらぶ」

登録番号 第46号
認定年月日 平成24年6月1日
所在地 名古屋市中区栄三丁目27-17 
年代 大正7年(1918年)
構造 土蔵造 地上2階建て
特徴

明治13年、尾張七宝の元祖梶常吉の孫左太郎を工場長とし、村田屋重兵衛が玉屋町にて創業。 明治37年現在地に本店、工場を移築し移転。当該蔵は大正7年に建築。 昭和20年大空襲にて建物、商品が焼失するも、蔵のみ焼け残った。 平成元年に工場を御器所に統一し、本店店舗を建て替えたが、当蔵は保存改修し、尾張七宝を伝える展示施設として活用されている。

最寄駅

市バス「白川通大津」、地下鉄「矢場町」

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

Copyright 2019 © nagoya rekimachi net All rights reserved.