歴史的建造物
ホーム > 歴史的建造物 > 認定地域建造物資産
認定地域建造物資産

ノリタケの森 陶磁器焼成用 トンネル窯煙突の跡

のりたけのもり とうじきしょうせいよう とんねるかまえんとつのあと

登録番号 第39号
認定年月日 平成24年6月1日
所在地 名古屋市西区則武新町三丁目1-36
年代 昭和8年から15年(1933年から1940年) 昭和54年(1979年)上部撤去
構造 鉄筋コンクリート造
特徴

昭和初期に建造された大煙突は45メートルの高さがあり、テレビ塔が建てられるまでは、名古屋城と並ぶ最も高い建造物の一つ。 地域のシンボルとして地域の人々に親しまれていた。 昭和54年に工場移転とともに上部が撤去され、現在は、陶磁器産業の歴史を伝えるモニュメントとして基部が残され、広場の景観の一部となっている。(ノリタケの森は、平成14年度名古屋市都市景観賞受賞。)

最寄駅

市バス「ノリタケの森」、地下鉄「亀島」

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

Copyright 2019 © nagoya rekimachi net All rights reserved.