名古屋歴まちネット

名古屋歴まちネット

HOME > 景観整備機構とは?
 

景観整備機構とは?

景観整備機構とは、景観法に基づき、良好な景観の形成に関する業務を行う団体です。
公益財団法人名古屋まちづくり公社は、平成21年3月18日、名古屋市から景観整備機構に指定されました。
公益財団法人名古屋まちづくり公社は、景観整備機構として、下記の業務を行うこととしています。

  • 良好な景観の形成に関する事業を行う者に対し、当該事業に関する知識を有する者の派遣、情報の提供、相談その他の援助を行うこと
  • 管理協定に基づき景観重要建造物又は景観重要樹木の管理を行うこと
  • 良好な景観の形成に関する調査研究を行うこと
  • 前各号に掲げるもののほか、良好な景観の形成を促進するために必要な業務を行うこと
公益財団法人名古屋まちづくり公社が平成27年度に景観整備機構として行う業務は次のとおりです。

平成27年度 景観整備機構事業計画書


公益財団法人名古屋まちづくり公社


1. 歴史的建造物保存活用の推進
歴史的建造物の保存活用を官民が連携して推進するために、専門的な知識や経験を有する者で組織し設置した名古屋歴史的建造物保存活用推進会議の運営、インターネットを利用した情報の収集・発信、保存活用の相談に対する適切な助言指導ができる専門家の派遣、歴史的建造物の保存活用に関心のある一般市民を育成する講習会及び保存活用に関する支援・啓発活動などを実施します。

2. 旧春田鉄次郎邸及び旧豊田佐助邸活用管理業務
文化のみち事業の一環として名古屋市が保存活用を進めている両邸について、維持管理業務及び見学希望者への対応などを行います。特に旧春田鉄次郎邸については、活用事業の一環としてその一部をレストランとして活用するなど、文化のみち事業の推進に貢献していきます。

3. 旧加藤商会ビルの活用
名古屋市所有の国登録有形文化財である旧加藤商会ビルの建物保存及び活用を図ることを目的として名古屋市から建物を借り受け、テナントとしてタイフードレストランに貸し付け、管理運営を行います。

名古屋歴史的建造物保存活用推進会議
景観整備機構 公益財団法人名古屋まちづくり公社
〒460-0002 名古屋市中区丸の内二丁目1番36号

電話番号052-222-2314
contact@nagoya-rekimachinet.jp


本サイトを通じてご提供いただいたメールアドレス、住所、氏名、電話番号等の個人情報については、目的外で使用されたり、外部へ開示されたりすることはありません。
事務局 公益財団法人名古屋まちづくり公社
総務部経営企画室 景観整備担当

電話番号052-222-2314